ハッピーマムだより一覧へ

  • 2018.03.05ホームページをリニューアルしました!

日本でも「明日のごはん」を心配している親子がいます。

日本では食べ物が豊富にある為、餓死する子はいないかもしれません。しかし、「死ななければ良い」ではありません。

「子どもの貧困」が7人に1人と言われています。特にひとり親家庭を取り巻く状況は厳しい状況になっています。
「子どもの貧困」は「お金がない」だけではりありません。「お金がない」に加えて「つながりがない」「自信がない」という3つの状態が重なっていることを指します。

ひとり親に選択肢が増え心にゆとりがもてる生活を目指して

相談を受け、必要に応じて食材を支援したり、アドバイスや他団体につなげていく活動をしています。ひとり親の交流会、どなたでも参加のイベントやセミナー等を行います。